« ゲームで学ぶ「BASIC」。 | トップページ | C言語が結んだ友情編その1 ~希望の互換性~ »

2018年4月21日 (土)

レトロホビー!「ミニ四駆」編 第1話

みなさんこんにちわ!リカヲです。

いや~・・・。暑いですねぇ。

まだ4月の後半だというのに、もう夏みたいですね。

私が住んでいる町の隣町では、気温が30度を超えたところがあるみたいですね!。

それでは、今回のテーマ「レトロホビー」について書きます!。 (イキナリですねぇw)。

前回好評(?)だった、「ゲームで学ぶBASIC」の続編になる、「C言語」

についての資料を探すために、実家の物置を漁っていたら、予想外の物が!!。

まずはコレ。

Img_20180415_123337


ハチャメチャな「ミニ四駆」を発見!!ww。

パッと見、フェラーリ「F-40」みたいですが・・・。

Img_20180415_123200


ボディは、半田ごて?で焼いて突き刺した後でいっぱいwww。

タイヤもリアだけがワイドタイヤなのは、「ゼロヨン」を意識しているのでしょうかw。

Img_20180415_123129


妙に迫力がありますねw。

Img_20180415_123415


9Vの四角い電池が、2コ装着できるようですw。

 

Img_20180415_123256_2


単三乾電池を並列で2本使用するみたいですねw。

電池ボックスには、焦げた跡があります・・・。

動力はフロントに1コのモーターと、リアに1コのモーターが見えるが・・・。

Img_20180415_123235


画像では分かりにくいかもしれませんが、

リアには、計3コのモーターが付いていました!?www。

ちなみに、上部の黒いモーターには「動力伝達歯車」が付いていませんw。

Img_20180415_123319


フロント回り。

鬼のように古い、「マブチRE-280」モーターが縦に突き刺さっていますw。

 

フロントタイヤは、このモーターだけで動かせるようです、

「動力伝達歯車」はしっかりと付いていました。

どうやらフロント1モーター、リア3モーター!?のフロント、リアは

完全独立駆動で、動くみたいですねww。

Img_20180415_123457


ボディ下側。

なんと!、針金でモーターを固定していました!!wwwww。

物凄く、雑な固定の仕方ですねぇw

Img_20180415_123359


・・・。

これを作ったのは、約30年前、私が中学1年ぐらいの時だったと思います。

多分、その時夢中だった映画、「マッドマックス2」の主人公が乗ってた車、

「インターセプターV8」を意識してコレを作ったのでしょう・・・。

フロントにわざわざモーターを、「縦」にして組んだのは、「インターセプターV8」

の象徴でもある、「スーパーチャージャー」を意識していたのでしょう・・・。

フロントの武骨なバンパーガード、

敵に銃弾?を食らったような、ボディの穴・・・。

このマシンを見ていると、当時の思い出が何となく思い出せてきて、

少し寂しくなりました・・・。(過去のトラウマでねw)

その当時は、ミニ四駆が大流行していました。

 

クラスメートの男子は、ほとんど全員が持っていました。

 

そして放課後、近所の公園でみんなで走らせていました・・。

 

すごく楽しそうに・・・。

 

友達の輪に入れない、

 

根暗なファミコンヤローのリカヲはその様子を、

 

公園のフェンスの向こう側から、そっと見ていました・・。

 

友達のいないリカヲは、

 

その楽し気にはしゃいでるクラスメイト達を、ずっと、見ていた・・。

 

リカヲはいつも、ひとりぼっち。

 

公園のフェンスはまるで、果てしなくそびえたつ、絶望的な「国境」。

 

フェンスの金網の隙間から見える、幸福で平穏な日常に

 

憧れていただけなんだ・・・!!。

 

そんな、心打ちひしがれたリカヲを見ていた人がいた!

 

「かわいいあの娘」だ!!。

 

かわいいあの娘は、言いました。

 

「リカヲ君、アンタって・・・。

どーでもいいか!!。

これ以上はリカヲの、「過去のトラウマ物語」になりそうなので、一旦中断。

とにかく、流行っているものが大好きなリカヲは、当然のように

「ミニ四駆」を持っていました。

しかも10台以上・・・!。

今現在の、ミニ四駆の詳しい価格は良く分からないんだけど、

当時は1台約600円程度でした。

リカヲの住んでる町は、超ド田舎なので「模型店」みたいな

専門のショップはなかったのです。

だから、パーツだけを入手するのが困難だったので、

同じ車体の物を2つ、3つ買うのが当たり前でしたねぇ。

そして、一台を完全に部品取り(レストア)用にして、そのパーツを使って

全く別の車体に流用する、ような改造方法が当たり前でした。

モーターもコイル(極細の針金)を巻き直して、パワーアップさせていました。

そして、最終的に出来上がったマシンが、画像で紹介している

「F-40 インターセプターV8仕様改」?です。

もう、よく思い出せないんだけど、このマシンを仕上げるために

ミニ四駆5台分は、犠牲になってると思いますw。

フロントのモーター、「RE-280」は明らかにコイルの巻き直しをしている

形跡がありました…。(この画像じゃぁ、分かりにくいケドねw)

そんな悲しい?思い出を振り返って、いよいよ走行させて見るべく

電池をセット・・・。しようと思ったんですが、止めました。

電池を入れた瞬間、爆発するんじゃぁないかと思ったから!!。

天井にある電池ボックスを見て、薄黒く変色していたのが気になりました。

あの頃すでに、モーターが焼けてたんじゃ・・・!!。

もしや!、と思いボディーとシャーシを外そうとしたんですが、外れません・・・。

針金で頑丈に括り付けているから!!!。

あの時リカヲは、何でこんな面倒なことをしたんだろう?

事件は迷宮入りして、もう時効です。はい!、終了w。

上の隙間からのぞき込むと、どうやら電源部からモーターまでは直結みたいです。

つまり、電源をon, off する「スイッチ」がないのです!。

・・・危なかった・・・!!。

死ぬとこだったぜ、ベイベー。

 (大げさw)。

とりあえず、安全が確認され次第、走行実験をしたいと思います!。

次回、レトロホビー!「ミニ四駆」編 第2話。では、(まだやんの?w)。

「F-40 インターセプターV8仕様改」を、大々的に分解して、電池をセットして、

走行実験ができるようになるまでを予定している、今日この頃です(?)。

いつの日になるかは分かりませんが、必ずリポートするので

こうご期待して下さい!!。

それから、「レトロホビー編」では、ミニ四駆以外にも

過去のリカヲのトラウマ?、になった「昭和の少年男子が、必ず持っていた」

ある、「おもちゃ」についてもガンガン一方通行的に、熱く語っていきます!。

リカヲの「ツイッター」を見てくれている、読者の方なら、

もうお分かりかと思いますが・・・。

不定期連載(?)、不定期テーマ(??)の「リカヲの世界」。

これからもよろしくお願いいたします。

最後まで読んでくれて、ありがとうございました!。

それではこの辺で。

さようなら・・・。

« ゲームで学ぶ「BASIC」。 | トップページ | C言語が結んだ友情編その1 ~希望の互換性~ »

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/605294/66635485

この記事へのトラックバック一覧です: レトロホビー!「ミニ四駆」編 第1話:

« ゲームで学ぶ「BASIC」。 | トップページ | C言語が結んだ友情編その1 ~希望の互換性~ »

フォト

ついったー。

人気ブログランキング

にほんブログ村

最近のトラックバック

無料ブログはココログ
2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

スポンサーリンク お買い得!

トリバゴ

GMO

楽天ランキング