魂のカケラ

死にたい。

 

死んでしまいたい。

 

バカらしい毎日を送る。

・‥…━━━・‥…━━━・‥…━━━

面接をした会社からの連絡が、まだ来ない。

約束の一週間は、もう過ぎている。

気の小さいボクは、いつものように黙り込む。

そんな毎日だから、当然家にも居づらい。もういられない。

仕事もない、金もないのにボクは毎日、車中で時間潰し。

ハローワークに行くのが、もう嫌になった。

どの会社の面接を受けても、ほとんど断られる。

たまに採用が決まっても、ワガママなボクはそれを断る。

もう、どうしていいか分からない!。

ボクは、どんな仕事をすればいいんだ?

精神的に、追い詰められていく。

ローンの返済や、携帯電話の支払日が迫ってくる。

失業給付金も、当てにならない。

もうだめだ・。

もうだめだ・・。

もうだめだ・・・。

誰か助けて。

誰か助けて。。

だれかたすけて。。。

だれかたすけて。。。。

だれかたすけて。。。。。

ダレカタスケテ・・・・!!。

そう思っても、誰も助けてくれない・・・。

現実は厳しい。

ボクは、もう終わりなのか?

もう、終わったのか?

・‥…━━━・‥…━━━・‥…━━━

今までの人生を振り返った。

人生で最初の挫折、高校入試の失敗。

あのとき、シンダラヨカッタノニ・・・?!。

カッターナイフを持って、合格者掲示板を見に行った。

ナマエナカッタ・・・・・!。

ボクは神社で、手首を切って自殺しようと思ったが、できなかった。

あまりにも心が弱かったのだ・・・。

15才のボクは、まだ自我が確立していなかったように思う。

ボクの父親は、厳しい人だった。

口よりも先に、手が出るタイプだった。

ボクはいつも、頭から押さえつけられるように育てられた。

自己主張などしようものなら、いつもビンタされた。

そんな毎日だったから、ボクは自分の意見を言えずに、人の顔色を見ながら、

恐る恐る話をする、ダメな奴になった。

そんな奴は、好奇心や物事に対する上昇志向もなくなるので、

勉強やスポーツは、全くできない。

ただの、バカ、になる。

ボクは小学校、中学校の時よくイジメられた。

当然なのかもしれない。

ボクが世間知らずの、バカ、だったから・・・。

・‥…━━━・‥…━━━・‥…━━━

両親は、ボクがとんでもないバカだと気付くと、ボクを塾に行かせた。

ボクは塾でもイジメられた。

塾の先生にもイジメられた。

ボクは、勉強の仕方が分かってなかったのだ・・・!。

ボクは他のクラスメイトより、知能が劣っていた。

父親はボクの知能の、あまりの低さに激しくイカり、罵声を浴びせかけ、

何回もビンタされた。

ボクはそのたびに、いつも泣いていた・・・・・。

勉強の仕方が分かってないのに、塾に行っても意味がない。

そして、学校と塾の勉強が両立できないから、ますます勉強できなくなる。

そんな悪循環を、両親は分かってなかったと思う。

そんな最悪の日々だったが、高校入試以前は自殺については考えたことがなかった。

ボクは14~15才の頃、よく「空白」の時間があった。

正確に言うと、記憶がなくなる時間だ。

学校で酷いイジメにあったときや、父親に物凄く怒られたときによく、

その「空白」の時間があった。

そして驚くことに、どのくらい「空白」の時間があったのかよく分からない。

絶対に思い出せなかった!。本当に「空白」だ・・・。

今考えるとその「空白」とは、イジメなどの精神的苦痛を和らげるために、

自己防衛本能が働き、イヤな記憶を消していたのかもしれない。

実際今、小学校、中学校のイジメられたことを思い返しても、

どのような手法でイジメられたのかは、思い出せない。

ただ、「イジメられた」という漠然とした記憶しかない。

当時、ボクをよくイジメていた奴の名前も、曖昧にしか思い出せない。

だからその、「空白」のおかげでボクは今日まで、自殺せずに

生きてこれたのかもしれない。

だけどやはり、現実は厳しい。

社会人になって、社会の不条理で絶望的な、「仕組み」を理解していくにつれ、

ボクはボク自身の、「未来」を絶望する。

夢や希望を持って、エレキギターを一生懸命弾いていた頃を懐かしく思う・・・。

だが、今は「過去」を振り返ってる時ではない!。

とにかく、前進するしかない!!。

今、少しでも「過去」の楽しかったことや、お金があったことを思い出すと、

シニタクナル・・・?!。

ボクだって、本当はシニタクナイ・・・!。

シニタクナインダ!。

 

しにたくないんだ!!。

 

SINITAKUNAINNDA!!!。

 

だから今、本気で考えるんだ!。

 

「生きること」、について!!!!!。

・‥…━━━・‥…━━━・‥…━━━

ボクは今、この長い悪夢から目覚めようとしている。

 

この、くだらない生活から抜け出すために、

 

ボクはボク自身を、精一杯奮い立たせる。

 

遠い昔、なくしてしまった、

 

「魂のカケラ」

 

を取り戻すために・・・!。

 

ほんの少しの、「勇気」と「知恵」があればいい。

 

とにかく働くんだ!。

 

労働するんだ!!。

 

将来に対する、不安はある。

 

人間関係に対する、恐怖はある。

 

だけど今、それを考えることはない。

 

いや、考えてはいけない!。

 

とにかく、ハローワークに行くんだ!。

 

今すぐ行くんだ!!。

 

夢や希望がなくても、いいじゃないか。

 

未来のことなんか、どうでもいいじゃないか。

 

死ななければ、生きていけるんだ!

 

人生に、「正しい答え」なんかない。

 

ボクに言えることは、ただひとつ。

 

「今を生きていこう!」。

 

今、この瞬間を、精一杯生きること。

 

それが「ボク」の、選んだ道なんだ・・・!!。

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

フォト

カテゴリー

最近のトラックバック

無料ブログはココログ
2020年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

にほんブログ村

人気ブログランキング

GMO

楽天ランキング

A8.net